後期高齢者医療制度と長寿について

長寿を祝える制度?

75歳以上の方や、65歳以上で一定の障害を持っている方にとって、後期高齢者医療制度の制定はその生活に多大な影響を及ぼすことになります。

 

その一方で、医療費の確保という命題に対し、国はひとつの結論を出したと言えます。
その結論というのが、この後期高齢者医療制度(長寿医療制度)です。

 

後期高齢者医療制度とは、簡単に言えば、現在の高齢者に負担を強いて、医療費を確保しようというものです。

 

これに関しては、少々本末転倒な感は否めません。
高齢者の方の中には、新たに保険料を年間5〜10万払う事で、生活が困難になる人も少なくありません。

 

そういう人たちから未来の医療費を徴収したところで、それはプラスとは到底言えないでしょう。

 

日本は、世界的に見ても長寿大国です。
既に何度もニュースで取り上げられているように、日本の平均寿命は世界で1、2を争っています。
当然、今後も高齢化社会は続いていきます。

 

その中で、今の50代、60代が長寿である事を素直に祝えるのかというと、少々疑問を感じずにはいられません。
とても祝ってもらうという気持ちにはなれない人も多いでしょう。

 

長く生きることは、人間の生きる目標の中の一つとして定着しています。
一日でも長く生きることを生きがいにしている人も少なくはないのです。

 

そして、長く生きた事を周りから祝ってもらうのが、そういった人たちの一番の喜びの瞬間なのです。

 

今のままでは、必ずしもその瞬間を喜べるとは限らないかもしれませんが、できれば、希望を持って長生きしたいですよね。

長寿寺と散歩

お年を召してくると、足腰がだんだんと弱くなってしまいますよね。
ただ、弱くなってしまうからといって、そのままにしておくのはあまり得策とはいえません。

 

後期高齢者医療制度の制定によって、医療費自体は高くなるという事は今のところありませんが、それも先のことは分かりません。
将来どのような追加徴収が待っているかは分からないのです。

 

また、運悪く寝たきりになってしまい、自力で立つ事も困難になってしまっては、その後の人生の楽しみも限られてしまいますよね。

 

そこで、お勧めするのが、散歩がてらのお寺参りです。
足腰をゆっくり鍛えつつ、神聖な場に出掛けて、日頃の行いを見つめなおしたり、けがれを浄化したりして、健康な身体を保つのです。

 

それにはお寺参りは最適ですね。
日本には、長寿寺というお寺が三つあるそうです。

 

一つは徳島県の鳴門市の、四国曼荼羅霊場の寺院。
一つは神奈川県の鎌倉市にある、足利尊氏縁の寺院。
もう一つは、滋賀県の湖南市にある寺院です。

 

この湖南市の長寿寺の本堂は、国宝に指定されている事で有名だそうです。
周辺には森林浴の森100選や石部宿場の里など、お年を召した方が楽しめるような観光名所がいくつもあります。

 

後期高齢者医療制度で保険料を新しく支払う事になった人にとっても、健康にお寺参りは最適です。

 

近隣に住む方や、お友達と一緒に行けば、ほとんどお金を掛ける事なく、楽しい時間を過ごせるでしょう。

 

また、近所に長寿寺がない方でも、行動範囲内にお寺などがあれば、散歩がてら出掛けてみてはいかがでしょうか。
結構お勧めですよ。