後期高齢者医療制度の有効活用、長寿医療センターの役割りについて

後期高齢者医療制度を有効活用する

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に対し、高齢者の方の相当な数の人が拒否反応を示しています。

 

なんといっても一番の理由は、保険料をあらたに支払う必要がでてきた点にあります。
もちろん、他にも様々な問題や不備はあります。

 

特に、高齢者の立場にまったく立っていない行政のあり方には批判が集中しています。

 

年金からの強制的な天引きにしても、パンフレットの文字の大きさにしても、高齢者の意思を無視して、後期高齢者医療制度が進んでしまった事はどこからみても否めません。

 

ただ、決まった制度に対し、拒否拒絶ばかりしていては、結局高齢者ご本人にとっても決して良い事にはならないと思います。

 

制度には反対という強い意志を明確にする一方で、その制度を逆に利用してしまうくらいの柔軟さも時には必要なのではないでしょうか。

 

たとえば、食に関してです。
後期高齢者医療制度によって、高齢者がどうあるべきか、どういう生活すべきかというライフスタイルに対しての見直しが行われ始めています。
その中で、中心となってくるのは、食に対しての意識改革です。

 

高齢者ができる限り健康を崩さないよう、医者の世話にならないようにするには、健康的な食事を定期的に行う必要があります。

 

たとえ低所得者であっても、そういった面を無視するのは、もちろん逆効果になってしまいます。

 

健康を崩して病院のお世話になっては、元も子もありませんからね。

 

今回の制度をきっかけに、高齢者の食に対しての特集が今後増えてくるかと思います。
拒否反応を示さず、そういったものにはしっかり目を通したり耳を傾けてみることも重要といえそうです。

長寿医療センターの役割り

長寿医療センターという、日本の医療機関の中で、特に高齢者の健康に関しての研究を中心に行っている施設があります。

 

この長寿医療センターという名称の施設は全国にいくつかあり、その中で最も有名なところは、愛知県の国立長寿医療センターです。

 

研究する分野はかなり幅広く、長寿の人の脳に関する研究、老化の機構に関しての研究やその制御に関する研究、アルツハイマーや認知症、老年病などの高齢者特有の病気に関する研究、長寿医療全般に対する研究など。

 

また、動物を利用したもの、遺伝子の解析などのマクロなレベルの研究など、非常に多岐に渡った研究が行われているところです。

 

こういった長寿医療センターにとっても、後期高齢者医療制度は大きな影響を与えています。

 

この制度の制定によって、高齢者の生活のメカニズムに変化が訪れた場合、これまでとは違う研究を行う必要があるからです。

 

高齢者にとって、精神的負担というのはその後の生活や寿命に大きな影響を与えます。

 

長寿医療センターでは、そういった分野でも研究を行っている訳ですから、後期高齢者医療制度と長寿医療センターの間には密接な関係があるといえるでしょう。

 

そういった背景から、今後長寿医療センターは、この制度に対して何らかの見解と、新たな研究の準備を行う可能性はあります。
彼らの活動が、以前にも増して注目されていく事は、恐らく間違いないことと思います。