後期高齢者医療制度とは

後期高齢者医療制度の誕生

2008年4月1日、いよいよ後期高齢者医療制度が施行されましたね。
これによって、年金から保険料が自動引き落としされ、世間では大混乱を招いています。

 

実際には、説明が十分というか全然行き届いていない状況で施行されたので、仕組みを理解できていないという人はかなり多く、このような状況に陥った今も尚、十分な説明は成されていないのが現状です。

 

ここでは、まだまだ後期高齢者医療制度について、どういったものなのか把握しきれていないという方に対して、どういった経緯でこの制度が生まれたのかを説明していきたいと思います。

 

後期高齢者医療制度は、75歳以上の年齢の人を対象とした医療保険制度です。
他の健康保険とは、まったく独立しています。

 

なお、この名称は、施行日の当日に長寿医療制度と変更されました。
知ってました???私は知りませんでした。テレビでも聞きませんし・・・。

 

実は、この変更に関しても、あまり良い印象を持っていない人が多いようなのです。
しかし、変更した以上は、今後もこの長寿医療制度という呼び名でいくという事になるのでしょうね。

 

まず、後期高齢者医療制度は、75歳以上の人に適用される医療保険制度である事と、後期高齢者医療制度=長寿医療制度だという事を理解しておきましょう。

 

この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)は、元々は国の医療制度改革の一環として発案されたものです。

 

高齢者の医療は、これまで老人保健法という法律のもとで行われてきており、その法律は高齢者の医療に対してできるだけ負担を少なくしようというものでした。

 

その分の負担は国や都道府県、市町村からの負担金や健康保険などでまかなってきたのです。

 

しかし、近年社会の高齢化によって高年齢層の人々が増え、上記の金銭だけではまかなえなくなってきました。
その補填を行う為に、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)が誕生したという訳なのです。

後期高齢者医療制度とは

2008年4月1日、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)が導入されて以降、年金からの自動引き落としに関する問い合わせが殺到しています。

 

一体何故このような事態になったのでしょうか。
それは、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)に関する説明が行き届いておらず、制度自体知らないという人が大勢いるからです。

 

そこで、ここでは長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは一体何なのかについて説明していきます。

 

長寿医療制度(後期高齢者医療制度)とは、医療制度改革の柱として、国が新たに定めた制度です。

 

その目的は、年々増える高齢者の医療費を捻出するためです。
現在、日本では65歳以上の人口に占める割合は20%を超えています。

 

75歳以上でも10%にも達しています。
つまり、10人に1人は75歳以上の高齢者というわけです。

 

こういった状況を受けて、若年層や中年層などの現役年代と、高年層の負担能力をある程度フラットにしなければ、将来的な高齢者の医療費が確保できないという結論に達したようです。

 

そこで、これまでは国民健康保険の加入者が扶養していた75歳以上の高齢者の保険料を免除していたところを、全員が支払うようにしたのが、長寿医療制度(後期高齢者医療制度)なのです。

 

この長寿医療制度(後期高齢者医療制度)によって、75歳以上の高齢者とその扶養家族は新たに保険料を支払う必要が生じました。

 

そして、その分の保険料は年金から天引きされるようになりました。
今現在問題になっている年金の自動引き落とし問題は、これが最大の原因なのです。